ビセラのダイエットサポート菌を詳しく紹介

ビセラをささえる腸内フローラサポート菌と成分・働きを徹底解説!

更新日:

ビセラにはダイエットに効果的なダイエットサポート菌がおおく含まれます。

ダイエットサポート菌は腸内フローラのバランスを整え、腸内環境を改善してくれます。

 

この記事では、ビセラに含まれるダイエットサポート菌について、どんな働きがあるのかを詳しく紹介していきます。

ビセラに含まれる腸内フローラサポート菌について

ビセラのダイエットサポート菌を詳しく紹介

ビセラ1袋あたりに含まれる腸内フローラサポート菌は、合計32種類です。

ビセラでは非常に多くの腸内環境を整える菌が配合されており、他の腸内フローラサポートサプリと違いが明確になっています。

  1. ラクリス菌
  2. EC-12菌
  3. ナノ乳酸菌
  4. ビフィドバクテリウム ラクティス
  5. ビフィドバクテリウム ビフィダム
  6. ビフィドバクテリウム プレーベ
  7. ビフィドバクテリウム インファンティス
  8. ビフィドバクテリウム ロンガム
  9. ビフィドバクテリウム アニマリスラクティス
  10. エンテロコッカス フェシウム
  11. ラクトバチルス アシドフィルス
  12. ラクトバチルス ブフネリ
  13. ラクトバチルス カゼイ
  14. ラクトバチルス デルブリッキーブルガリクス
  15. ラクトバチルス デルブリッキーラクティス
  16. ラクトバチルス ファーメンタム
  17. ラクトバチルス ガセリ
  18. ラクトバチルス ジョンソニー
  19. ラクトバチルス パラカゼイ
  20. ラクトバチルス ブランタラム
  21. ラクトバチルス ロイテリ
  22. ラクトバチルス ラムノーサス
  23. ラクトバチルス サリバリウス
  24. ラクトバチルス ブレビス
  25. ラクトコッカス クレモリス
  26. ラクトコッカス ラクティス
  27. ストレプトコッカス サーモフィラス
  28. オエノコッカス オエニ
  29. ロイコノストック メセンテロイデス
  30. ペティオコッカス ペントサセウス
  31. スタフィロコッカス カルノーサス
  32. スタフィロコッカス キシローサス

これらのどの腸内フローラサポート菌にも共通して言えることは、腸内にこれらの菌が定着することで、腸内フローラに悪影響を及ぼす有害菌の増殖の場を減らす働きがあるということです。

腸内フローラサポート菌の中でも、特に特徴がある菌について

ビセラの主なダイエットサポート菌

ビセラに含まれる32種類の菌の中でも、特に特徴がある菌が6つあります。

ラクリス菌

一般的な乳酸菌は、熱や酸、乾燥に弱いデリケートな菌です。

 

ラクリス菌は1949年、山梨大学の中山大樹博士が実験に成功した乳酸菌。

従来の乳酸菌は熱や酵素に弱く、腸に届く前に死んでしまいます。

 

その中でも、ラクリス菌は熱にも酸にも乾燥にも強いことで知られています。

 

理由は、他の乳酸菌と違ってラクリス菌は胞子に包まれており、外からの刺激に強いためです。

口から体に摂りいれた乳酸菌は、腸に届く前に胃を通過します。

 

胃には胃酸があるので、酸に弱い乳酸菌はここで働きが弱まってしまいます。

ラクリス菌は胃酸の影響を受けずに、腸まで届きます。

 

その他にも、多くの研究結果により、ラクリス菌の効果が証明されています。

 

しかしラクリス菌は逆に胃酸や胆汁の刺激をうけ、腸管内で発芽。

活発な栄養細胞となって増殖することで腸内フローラを整え、アレルギー効果、整腸効果が期待できます。

 

さらに、ラクリス菌は腸内で活発に増えていくので、短鎖脂肪酸を作り出す土台となる乳酸を作るきっかけとなります。

 

ラクリス菌は乳酸生成能力にも優れています。乳酸が増えると、脳下垂体から成長ホルモンが分泌され、これによりエネルギー代謝力があがることでダイエット効果が期待できます。

加圧ダイエットも同じ仕組みを利用しており、加圧する→乳酸がでる→乳酸の刺激で成長ホルモンが分泌されるという流れになります。

成長ホルモンには、脂肪分解作用もあるので結果、体についた脂肪を分解し、代謝もあがるのでダイエット効果が期待できます。成長ホルモンは全身の細胞の合成反応を促進しますので、筋肉の成長を促進するだけでなく、肌の表皮細胞の代謝活性などによる、いわゆる若返り効果も期待できます!

 

また、ラクリス菌の特徴として、腸内で1週間は生息すると言われています。

他の乳酸菌の生息期間は平均して3日ほどと言われているので、長い期間腸内フローラをサポートすることが分かります。

EC‐12菌

菌の大きさが通常の乳酸菌の1/5程度と小さいので、大腸だけではなく、小腸にも直接作用する菌です。

悪玉菌の中でも特に便秘や下痢の原因となるウェルシュ菌を減らす効果があり、他にもコレステロールを下げる効果が確認されています。

生菌でも、加熱殺菌した状態でも、どちらでも効果を発揮します。

 

EC-12菌は加齢により減少する「うるおい菌」表皮ブドウ球菌を育て、腸内フローラを改善してくれます。

乱れた敏感肌やトラブル肌のバリア機能の改善をサポートする働きもあります。(参考:一丸ファルコス株式会社)

 

また一定期間摂取することで体脂肪減少も効果が見られたという研究もあります。(引用:殺菌乳酸菌EC-12®の体脂肪低減と腸内菌叢改善効果)

 

EC-12菌は腸内フローラを整え、脂肪を減らす効果が期待できることがわかります。

ナノ乳酸菌

ビセラの公式サイトでは、ナノ乳酸菌とは菌の直径が1ミクロン未満の乳酸菌と紹介されています。

一般的な乳酸菌の大きさは、1ミクロン程度と言われています。

 

1ミクロンと1マイクロメータは同じ単位で、どちらも1㎜の1000分の1です。

1㎜でも小さいのに、さらにさらに小さいことからそれだけ体に十分に浸透しやすく、乳酸菌本来の力をより発揮します。

腸内有用菌を増やし、腸内腐敗菌である大腸菌を減少させることで腸内環境が改善され、便秘を防ぎ、腸内腐敗菌が作り出す有害物質・発がん物質の賛成をおさえ、排泄を促進させる働き

(引用:プロバイオティクスとして用いられる乳酸菌の分類と効能)

簡単にまとめると、腸内環境と整えて、便秘解消や老廃物の排出を促すことでダイエット効果や、美肌効果が期待できるということですね。

ビフィドバクテリウム

ビセラには、ラクティス、ビフィダム、プレーベ、インファンティス、ロンガム、アニマリスラクティスの計6種類のビフィドバクテリウムが含まれています。

 

腸内でビタミンを合成する作用があります。過去に発表された研究結果によりますと

全てのビフィドバクテリウムがあらゆる種類のビタミンを同等に合成はせず、菌種によって産生能に差がある

(寺口進ら(1984).日本栄養・食糧学会誌,37,157

とのことでした。

 

このことから、含まれているビフィドバクテリウムが多ければ多いほど合成可能なビタミンの種類が増えることになります。

ダイエットを意識すると、気を付けていてもビタミンのバランスが崩れがちになります。

その点、ビフィドバクテリウムが6種類も含まれているビセラならば、体に優しくダイエットができます。

ラクトバチルス

ビセラには、アシドフィルス、ブフネリ、カゼイ、デルブリッキーブルガリクス、デルブリッキーラクティス、ファーメンタム、ガセリ、ジョンソニー、パラカゼイ、ブランタラム、ロイテリ、ラムノーサス、サリバリウス、プレビスの計14種類のラクトバチルスが含まれています。

 

研究結果によりますと、

ラクトバチルスには、コレステロールなどの有害物質を吸着して体外に排泄する有害物質吸着作用、消化吸収改善作用がある

(保井久子(2002).発酵乳の科学 細野明義編 アイ・ケイコーポレーション,p136

ことが分かりました。

 

ダイエットという言葉を重視してしまうと、見た目の体型や体重の変化に注目してしまいがちですが、コレステロールを減らすことも大事なことです。

 

また、消化が良くなれば良くなるほど、体の中の溜まりが減っていきます。ビセラにはこういった作用のある菌が14種類と豊富に含まれています。

先に紹介したEC‐12菌にもコレステロールに効果があることが分かっているので、外面だけではなく内面からもダイエットに効果的に作用します。

ストレプトコッカス

ビセラには、ストレプトコッカス サーモフィラスという菌が含まれています。

ストレプトコッカスは糞便内乳酸を増加させる

(瀧口隆一ら(1997).腸内細菌学雑誌,11,19

という報告があるように、ストレプトコッカスの存在は乳酸といった有用な物質を増やす作用があります。

ストレプトコッカスが腸内で少ないと下痢になりやすいことからも、腸内では重要な役目を果たしています。

腸内細菌を増やすオリゴ糖もたっぷり配合

オリゴ糖はカロリーも低く、ダイエットに効果的です。

単に低カロリーというだけではなく、腸内環境を整える働きがあります。

ビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる腸内細菌の栄養源となってそれらを増やす効果があり、特定保健用食品として認められています。

(引用:厚生労働省e-ヘルスネット)

乱れた腸内細菌のバランスを、善玉菌を増やすことで、善玉菌が優位な腸内環境を作ることができます。

 

オリゴ糖が腸内細菌を増やし、腸内フローラのバランスをとることで便通改善やダイエット効果があることは数多くの論文で証明されています。

赤ちゃんが便秘になったときも、オリゴ糖を与えることでも副作用なく腸内環境を整えるのに役立つといえます。

Bifidobacteriaなどの有用菌を増加させ,排便日数,排便量,便の色,便の形状,便の硬さ,排便後の爽快感などに対して改善効果を示すことが明らかになった。

(引用:乳果オリゴ糖含有クッキーが若年女性の排便および腸内菌叢に及ぼす影響)

善玉菌と悪玉菌について

腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌と、日和見菌があります。

 

その名の通り、善玉菌は体によい作用がある菌で、代表的なものに乳酸菌やビフィズス菌があります。

反対に悪玉菌は体に悪い作用がある菌で、代表的なものにウェルシュ菌や大腸菌、黄色ブドウ球菌などがあります。

 

日和見菌はちょっと優柔不断といいますか、善玉菌が多いときは善玉菌の味方を、悪玉菌が多いときは悪玉菌の味方をする存在ですが、免疫力が落ちてきた場合は悪玉菌の味方をします。

人によって腸内細菌の種類には違いがあり、誰ひとりとして同じ状態にいる方はいませんが、一般的に望ましい腸内環境バランスは善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7、と言われています。

 

通常だと善玉菌が悪玉菌より多く、多い方の菌を日和見菌がサポートしていますが、ちょっとしたストレスや食生活の乱れ、睡眠不足や疲労、加齢などでそのバランスはもろく崩れがちです。

便秘がちな体は、腸内で老廃物が長く停滞するので悪玉菌が増殖してしまいます。その悪玉菌を攻撃してくれるのが善玉菌です。

 

善玉菌は腸内環境を整えるだけではなく、免疫力を上げる、代謝をよくする、感染症を予防する、発がん性物質を分解するなどといった働きがあることが知られています。

生菌を届けるためにビセラが気を付けたポイント

ビセラに含まれる各種の効果的な菌は、酸の影響を受けないものもありますが、ほとんどの菌が腸に届くまでに出会う胃酸などの影響で、その働きが弱まってしまいます。

菌の全てを十分な効果がある状態で腸に届けるために、ビセラは胃ではなく腸で溶ける特殊加工カプセルを用いています。

ビセラが酪酸菌ではなく、短鎖脂肪酸にこだわる理由

つい先日まで腸内環境を整えるには酪酸菌がよいと言われていて、今でも多くのサプリに酪酸菌が含まれています。

酪酸菌は腸内細菌の一種で、腸の中で活性化して腸内環境を整える働きがあります。

短鎖脂肪酸が腸管上皮の新陳代謝をよくしていると考えられる。

短鎖脂肪酸は、結腸の粘液分泌も促進します。腸の中の便と腸管壁の間には粘液の層があって、ここに水が分泌されると、滑りやすくなります。

引用:武田コンシューマーヘルスケア株式会社

短鎖脂肪酸は、腸から吸収されて血液を通じて全身に届けられます。

この短鎖脂肪酸が脂肪細胞に働きかけると脂肪の取り込みが止まり、肥満を防いでくれる働きがあります。

(引用:OMRON)

つまり、短鎖脂肪酸が十分にあることで、

ポイント

  • 脂肪の吸収が抑えられる
  • 代謝アップで痩せやすい体に
  • 便通がよくなり便秘解消

が期待できるということです!

 

一方で短鎖脂肪酸とは、人間の腸の中で活性化された腸内細菌が作り出す酸のひとつです。

ビセラは、短鎖脂肪酸を腸内で酪酸菌から作るのではなく、最初から出来上がった短鎖脂肪酸をカプセルに詰めました。

よって、より早く効率的に腸内環境を整えることができます。

 

よく、便秘にはオリゴ糖や食物繊維を摂るとよいと聞きます

なぜ、オリゴ糖や食物繊維を摂ると便秘がよくなるのでしょう。

 

食物に含まれる炭水化物には、腸の中で消化しやすいタイプとしにくいタイプがあります。

オリゴ糖や食物繊維は、腸の中で消化しにくいタイプです。

 

こういった腸の中で消化しにくいタイプの炭水化物は、腸内細菌が消化の手助けをします。

その際に生じるのが、短鎖脂肪酸です。

 

短鎖脂肪酸は、ちょうどよい酸性状態へ腸内環境を整え、善玉菌の活動をサポートし悪玉菌の増殖を抑え、腸の動きを活発化させて便秘解消へとつなげます。

 

便秘がちでお腹がぽっこりしている方は、腸の中に留まっている便も、腸そのものも、砂漠のように乾燥しています。

短鎖脂肪酸は腸の中に水分を取り入れる働きもあるので、カチカチになった便が軟らかくなり、腸の中にうるおいが与えられることで便がするりと出やすくなるのです。

 

短鎖脂肪酸はダイエットに効果的な成分として、近年注目を集めています。

いろいろな研究が行われています。

短鎖脂肪酸はそれに加えて、宿主のエネルギー恒常性を保つ役割りをしていることがわかった。つまり、食べ過ぎても短鎖脂肪酸の血中濃度が上昇してGPR41を活性化し、交感神経を刺激することでエネルギー消費を高め、肥満が抑えられるのである。

(引用:生命誌ジャーナル)

食べ過ぎてブドウ糖や脂肪酸などのエネルギーが過剰にあっても、GPR43が活性化されることによって、エネルギーの白色脂肪組織への取り込みを抑制し、脂肪の蓄積を抑えているのである。

(引用:生命誌ジャーナル)

エネルギー代謝に影響を与え、抗肥満、抗糖尿病作用を発揮することが明らかとなってきました。

(引用:医療法人社団 満岡内科・循環器クリニック)

酪酸菌は活動のなかで、短鎖脂肪酸を作り出しますがわざわざ作らなくても、直接短鎖脂肪酸をとればよくないですかというお話です。

でも、今まではそれができなかったんですよね。

腸に届く前に、胃液や胆汁で分解されてしまったからです。

ビセラは特殊カプセルに成分をギュッと閉じ込めたので、分解されずしっかりと腸に届けることが出来可能に。

 

酪酸菌も摂取し続けなければ、その効果は期待できません。

であれば、より効率的に短鎖脂肪酸を摂取し、ダイエットに効果的なのはビセラなんですよね^^

初回が500円で試せるキャンペーン実施中

お試し価格で今すぐ申し込む

公式サイトでも在庫数わずかになってきています

ビセラの口コミがいいのは、ダイエットに効果的な短鎖脂肪酸がたっぷりと入ったカプセル。

胃酸や胆汁で壊れない特殊カプセルで大腸まで届くから、ダイエット効果が期待できます。

参考サイト:

メディアセミナー「腸から健康を支える『酪酸菌・酪酸』のチカラ」~実施レポート~ 紀伊民報

https://www.agara.co.jp/article/9640

天然の痩せ薬「短鎖脂肪酸」

肥満(あんまり聞きたくないw)は脂肪細胞が、細胞の内側に脂肪の粒を貯め込み、肥大化することでおきます。

もしものときに備えて、脂肪細胞は取り込めるエネルギーはすべて取り込もうとします。

 

でも実際には、食べた分がすべて脂肪になって、体につくことはありません。

もちろんエネルギーとして消費されるということもありますが、脂肪の付き過ぎを防ぐ働きがあります。

 

脂肪細胞の過度な脂肪の溜め込みに、ブレーキをかけるのが短鎖脂肪酸なんです。

 

食事をすると、食べ物は胃から腸に届き、腸内細菌によって分解され、短鎖脂肪酸を作ります。

短鎖脂肪酸は血液の流れにのって、脂肪細胞に届きます。

 

脂肪細胞には短鎖脂肪酸を完治するセンサーがあり、センサーが短鎖脂肪酸を完治すると脂肪の溜め込みをやめるという仕組みになっています。

 

つまり、短鎖脂肪酸は脂肪を過剰に溜め込むのを防ぐ働きをしています。

 

また交感神経にも、短鎖脂肪酸を完治するセンサーがあります。

交感神経のセンサーが、短鎖脂肪酸を完治すると代謝があがります。

 

具体的には心拍数の増加や、体温の上昇に。

結果、余った栄養分を燃やして消費させてくれるので余分な脂肪を減らす働きが期待できます!

 

短鎖脂肪酸のポイント

  • 余計な脂肪を溜め込むのを防ぐ
  • 代謝をあげダイエット効果をサポート

腸内細菌のバランスが悪いと短鎖脂肪酸が不足する

太っている人の腸内では、バクテロイデスなどの腸内細菌の数が少ないことがわかっています。

バクテロイデスなどが少ないと、短鎖脂肪酸を作り出す能力が低下。

 

つまり、余計な脂肪を溜め込むのを防いだり、脂肪燃焼をサポートするチカラが弱いので太りやすい体質に。

痩せるためには、短鎖脂肪酸を補いつつ、腸内フローラのバランスを整え、腸内環境を改善していくことがとても重要になります。

あわせてチェック♪

カテゴリー 記事
口コミ 良い口コミと悪い口コミ
エルフィングの口コミ
うらら酵素とビセラの比較
ラクビの効果
成分 腸内フローラサポート菌と働き
解約 解約の仕方と注意点
効果 効果を実感できるまでの期間
販売店 販売店と最安値
飲み方 おすすめの飲み方
腸活ダイエット 腸内フローラを整える
Pocket

Copyright© ビセラの口コミに衝撃!痩せない・効果ないに隠された真実を大公開! , 2019 All Rights Reserved.